幼児教室と知能開発と効果~絵本・ブロック・フラッシュカード

幼児教室が知能開発に役に立ってるのどうかを考えてみたいと思います。

そもそも知能開発で一番効果のある働きかけは絵本の読み聞かせです。

これが一番脳の中のネットワークを増やしてくれます。

言葉は複雑です。

「今日、公園できれいな赤い花を見たよ。」 はいろんな言い方ができます。

「公園できれいな赤い花を今日見たよ。」

「きれいな赤い花を今日公園で見たよ。」

「赤い花できれいなのを今日公園でみたよ。」

などです。

これだけでも脳細胞(神経細胞)と脳細胞(神経細胞)を連結する神経線維がいくつもできます。こういう語順を考慮すると言葉は非常に脳に多くの影響を与えることがわかります。 したがって絵本の読み聞かせをたくさんしてくれる幼児教室がいいということになりますが、あとで述べますがこれは家庭でもできるわけです。

それから、次にレゴ、ブロックなどでの工作です。

これも空間図形に強くなります。

知能指数は、言葉、数、空間図形の3つの知能を合計して数字に置き換えるものなので、レゴ、ブロックの工作の遊びは間違いなく知能指数を高めてくれます。

ただこれを幼児教室でするとなると家庭のニーズを満たすものでなければなりません。

それから、幼児教室でするものにフラッシュカードがあります。

このフラッシュカードは右脳を開発するのに大変役に立ちますが、ただ、これを使っての遊び方をよく知ってる指導者、スタッフがどこにでもいるかとなると少し疑問です。

わたしは、うちの子供たちに、公文の漢字カードを使ってフラッシュカードを毎日しましたが、案外これの効果をよく知らないでしてるスタッフもいるみたいです。幼児教室側があまりよく知らないのに一般の家庭がそれを判断することはやはり難しいと思います。

大体知能開発のやり方を三つ述べましたが、実は、もし可能であれば一番効果があるのは家庭の中での働きかけです。もちろん知能を開発してくれるいい幼児教室はたくさんあると思います。ただ親が自分でできると思った場合はやはり家庭の中の方が効果は大きいと思います。

家の中でも絵本の読み聞かせはできますし、子供と一緒にレゴ、ブロックなどでの工作もできますし、フラッシュカードもできます。 ですからお母さんが専業主婦であれば家庭でこういったことをすればいいと思います。

家庭の中でこういったことをするのがなぜいいかというと、一番大きい理由は、実際にこういう働きかけをするお父さんお母さんが、心の中に、何かの思いをもって子供に接してるということです。

我が家ではわたしは、子供に上のようなことをするとき、基本的には、「将来早稲田大学に行ってほしい。」という思いをもっていました。これだけやったら早稲田に受かるかなあとかです。 私の妻も「いい大学に受かってほしいと、わたしもそう思って知能開発をしてた。」と言ってました 親がする場合はそういう気持ちが根底にあると思うのです。

それから、家庭で知能開発はできると書きましたが、共働きの場合はそうもいきません。何もしないよりは幼児教室に通わせて何か有意義に時間を過ごさせたいと思うのは人情です。 わたしも、もし共稼ぎだったら教室を考えたと思います。何もしないよりは、という考えからです。(文:古葉2019/10/20)

2歳~年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント

      出産準備

おすすめ 出産準備  何をそろえたらいいの?

【比較】ベビーベッド

【比較】ベビーカー

【比較】抱っこひも

おすすめ 新生児パッド

おすすめ ケープ ~雨の日もハッピーに~

おすすめ 新生児ウエア

おすすめ 赤ちゃんウエア

赤ちゃんの安全グッズ・ベビーゲート

赤ちゃんのオムツ

おすすめ 生まれたばかりの赤ちゃんに・・・ラップドレスとワンタッチ肌着を

おすすめ ラップクラッチ・赤ちゃん生後1カ月から

おすすめ 新生児肌着 ワンタッチ肌着なのでお着替え簡単!!

———–

おすすめ 歩行器(ベビーサークル)

【比較】ベビーチェア

【口コミ】お母さんにやさしいマザーズバッグ

【口コミ】癒される幼児のリュック

【比較】キッズトップス人気ランキングベスト5

赤ちゃんのお肌を乾燥から守る!
無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》

元気な赤ちゃんのためにたっぷりの栄養を【ALOBABY葉酸サプリ】

女性100人の声から生まれた【マタニティクリーム】


 

 

 

 

 

 

投稿者: koba

はじめまして。古葉です。出身は京都で、同志社大学卒です。今は東京在住です。仕事は、毎日、塾で高校生に英語を教えてます。英語はかつてはものすごく勉強しました。昔とった杵柄です。 それから、長男が生まれたとき、赤ちゃん幼児の教育についての本をたくさん読みました。今も本棚を見るとそういう本がたくさんあります。 趣味は昔はテニスでしたが今は音楽を聴くことです。テニスはトップスピン打法でした。(テニスはど素人ですがトップスピン打法はほんの少し自慢)。一男一女の父です。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です