子供の学資保険・保険の相談会社との話はこんな風に

学資保険というテーマをこのブログで出したんですが、保険というのは重要ですよね。

ところで今の保険は、徹底的に消費者の立場に立っての選び方が主流になってます。

具体的に言うと、保険について相談に応じてくれる会社があって、そこで、こっちの考えを言ってそれに応じて商品を選んでもらえるということです。

保険の相談に応じてくれる会社って初めてだけどどんなだろうと不安に思う方もおられるかもしれませんので、ここでその辺について書いてみたいと思います。

 

昔は、例えば○○生命の営業の方と直接話して商品を決めるというのが普通だったんですが、それですとよくわからないままに契約してしまってませんでしたか。

もちろんわかったような気持ちになるんですが、正直言って保険は難しいです。完全にはなかなかわからないものだったんですよね。

ところが今は保険会社と消費者の間に相談する会社があるようになったんですね。

昔  保険会社ー消費者

今  保険会社ー相談会社ー消費者

と、このようになるわけです。

私たちはまず、この相談会社の方とお話しします。するとその会社の方がわたしたちのニーズを聞いて、それだったら、ここの保険会社にぴったりの商品があります。と教えてくれるわけです。

「今○○保険に入ってるんですが、これを解約してそのお金でこういう保険に入りたい」というと、40社ぐらいの保険会社の中から、「それでしたら、この保険はどうでしょう」と出してくれるわけですね。

ぱっとすぐに出してくれるんですが、こちらお客の立場で考えると、もうその相談員の方が神様に見えてきます。自分でその商品にたどり着くのは100%不可能です。それをいとも簡単に0秒で出してくれるんですから。

 

私も妻と数カ月前にこういう相談会社の方とお話ししました。

そして、わたしがこんな保険がほしいというと、すぐに出してくれました。それで、一点、わからないところがあったのでそれを言いましたら、すぐにその保険会社に電話して聞いてくれて、こっちの要望と一点で違ってましたので、そこは取りやめました。

するとすぐに「ではここの保険会社はどうでしょう。」と別の保険会社の商品をぱっと提示してくれました。それはすべてこっちの要望通りの保険商品だったのでそこに決めました。

私のが終わると妻が、また自分の保険を相談してました。

妻は「今こういう保険に入ってるんですけど、これを解約してそのお金でこういう保険にはいりたい」と言ってました。

するとまたその相談員の方がまた神様のようにぱっと「ではこの保険会社のこの商品はどうでしょう。」と提示してました。

私のは終わったので、横でコーヒーをのみながらぼっと聞いてました。

すると自分では絶対たどりつけないような商品に妻もまたたどり着いたんです。

こうしてわたしたち夫婦は、新しい保険に入りました。

わたしが、メットライフ保険に、妻がオリックス保険とチューリッヒ保険を組み合わせたものに入りました。

これらの保険は今後ずっとこの保険相談の会社が保管してくれます。なにかあったらこの相談の会社に連絡したらいいわけです。

いい保険を調べるのも個人ではできませんが、管理もできません。管理してくれるので良かったと思いました。

学資保険も同じだと思います。神様のようにぱっといいのを出してくれますよ。

そして、子供の将来に経済的な安心感を持つことができますよ。

さっそくクリックしてみられたらいかがでしょうか。

学資保険の無料相談サービスは保険コネクトへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: koba

はじめまして。古葉です。出身は京都で、同志社大学卒です。今は東京在住です。仕事は、毎日、塾で高校生に英語を教えてます。英語はかつてはものすごく勉強しました。昔とった杵柄です。 それから、長男が生まれたとき、赤ちゃん幼児の教育についての本をたくさん読みました。今も本棚を見るとそういう本がたくさんあります。 趣味は昔はテニスでしたが今は音楽を聴くことです。テニスはトップスピン打法でした。(テニスはど素人ですがトップスピン打法はほんの少し自慢)。一男一女の父です。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です