スキルはないけど収入が上がる転職とは ~それは営業

これから伸びる業種を考える

これから伸びていく業種 これからの厳しい世の中どうやって生き延びるのか考えるとき、これから伸びていく業種で働きたいと思いますよね。 たとえば、出版業はもはや縮小していく業種です。そのなかで、校正の仕方に自信がいくらあっても、縮小していく業種の中では、仮に転職しても給料は少なくなっていくのが普通です。 縮小していく業種の中でどうしても生きるのであればその会社にしがみついていた方がまだいいということも言えます。

したがって、転職する前に、これから伸びていく業種、拡大していく業種は何かを知ってそれに合うように転職の作戦を立てることが重要ということになります。

さてその前に、自分ができることは何かを考えます。そのとき、明確に、プログラミングとか、WEBデザインとか、英語を教えるとか、すぐ言えるようなものがある人はいいです。すぐ言えるような人は転職で作戦も何もなくても自分のできることをひたすら追い求めたらいいのではないでしょうか。

ここで大事なことは、特にこれと言って専門能力がないが、より高い収入を目指して転職をしたいという人の場合です。

たぶん世の中で働いてる人はこういう人が一番多いのではないでしょうか。 その場合、まず拡大していく業種の中で働くということです。 拡大していく業種には、まずITがあります。プログラミングなどはそうですね。これで既に仕事をしている人であれば転職もそんなに難しくないと思います。

しかし自分は今30台だけど、これと言って特化した能力はないが、それでも転職して収入を上げたい、その仕事はあるんだろうか、そんなふうに思いますよね。 結論を先に言います。あります。それは営業です。

営業のプロになる

営業は人工知能で置き換えられることはありません。パソコンで代替できるものでもありません。人間にしかできない職種です。 おそらくこれといって専門的な能力がない人の場合は、ほぼ営業しかないと思います。これは特に勉強する必要もありませんし、要領を知ってしまえば簡単に明日からでも能力を発揮できます。ただ、要領は営業のプロに教えてもらうことが重要です。そしたら明日からすぐに営業で活躍できます。

今、転職を考えてる人が30台とします。そのばあい、今まで営業をしてきたことがあるとした場合、営業にどのくらい自信がありますか。何事もそうですが、営業にもコツがあります。

営業とはどうして人間にしかできないのかといいますと、それはコミュニケーション能力もさることながら、相手の気持ちをぱっぱっと読み取ることが重要だからです。相手の表情を見ながら、「あ、この条件では不満なんだな」とか感じることができるかどうかです。 相手の言葉、表情をみて話を的確に進められるかどうかは、その人の感性が豊かかどうかにかかってます。

相手の気持ちを読み取るというのは、それが得意な人は芸術家です。例えば歌を作る人は、このフレーズ、このメロディーが、聞く人をこういう気持ちにするのではないかという他人の気持ちへの洞察力です。

相手の気持を読み取りながら話を進められるかどうかが営業では一番重要です。これは、PCを取り出して検索したら出てくるものでもありません。人工知能でもどう頑張っても代替できるものでもありません。

しかし、自分でそれだけの洞察力が働かないという人はいます。そういう人は営業のプロに、話の仕方、話の進め方を教えてもらうといいのです。教えてもらったことを反復していくうちにだんだん感性が磨かれてそういう話ができるようになります。

勉強でも自分で参考書を広げて勉強してもよくわからないことが、教え方の上手な先生に直接教えてもらうと目からうろこのように完璧にわかったりします。営業もこれと同じです。

営業はそんなに難しいことではないです。いままで自分で気づかなかったことに気がつくというレベルで営業の話し方をものにできます。 繰り返し言いますね。営業は人間にしかできないものです。これのコツをいったん覚えればこんなに簡単にお金になる仕事もないと思えるようになります。転職が天職になるわけです。 今まで営業をしてきたことがある人も多いと思います。そのやり方をまだこれからも続けるつもりですか。それとも習うは一時の恥だと思って、誰かにコツを教えてもらいますか。 営業には営業のプロがいます。ぜひそう人に教えてもらって明日からさっそく営業のプロになってください。


ここに転職の仕方を教えてくれるサイトを紹介します。なるほどと思うようなコツがあるのではないかと思います。

次の画像をクリックすると詳細が出ます。マンツーマントレーニングを受けてご自分の付加価値を高めてはいかがでしょうか。




 

 

 










 

 

 

 

 

 

投稿者: koba

はじめまして。古葉です。出身は京都で、同志社大学卒です。今は東京在住です。仕事は、毎日、塾で高校生に英語を教えてます。英語はかつてはものすごく勉強しました。昔とった杵柄です。 それから、長男が生まれたとき、赤ちゃん幼児の教育についての本をたくさん読みました。今も本棚を見るとそういう本がたくさんあります。 趣味は昔はテニスでしたが今は音楽を聴くことです。テニスはトップスピン打法でした。(テニスはど素人ですがトップスピン打法はほんの少し自慢)。一男一女の父です。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です